鍛炭有功の応相談日記

鍛炭有功の応相談日記

私の男は、ヤミ金につとめてボロッボロにされた。

読了までの目安時間:約 2分

 

私の祖父の次女のダディーが、やくざやくんで、ヤミ金をしていました。
祖父の葬式をした時代、私の父ちゃんとその親父は久しぶりに再会しました。
長く会っていなかったので、つもるお喋りがたくさんあり、どんどん2人でぺちゃくちゃ言っていました。その頃、私の父親は長時間働いてきた組合をやめて、生業が定まらず、てんてんとしていました。そういう陳述をその親父にしたんでしょう。親父は、父ちゃんに自分のところで働かせてやると言いました。父ちゃんは、いくらヤミ金でも、親父のエリアなので貸出がきいたり、いい事した考えないで、すぐに親父のところで働き出しました。
私は依然中学だったので、どんな販売なのか父ちゃんに聞いても、パーキング、便所、組合のメンテナンスを日々していると聞かされました。
でもそれはうそでした。
ある日急遽、ママが私に
父ちゃんの組合のお客がもしも来たら、父ちゃんは普通に販売に行ったと言いなさい。
と言われました。我々はわかったと言い、普通にアパートにいると、男の人が双方、アパートに来ました。ママがいたので私は会っていませが、その人たちはすぐに帰りました。
すると夜更けに父ちゃんご帰ってきました。我々にただいまも言わず、寝ました。
すると、すこしたってからママが血相をかえて我々を起こしたり、どこかに電話したりしていました。パパが薬をゼロ器飲んでいました。クリニックに運ばれて、一命をとりとめました。きめ細かい父ちゃんを自殺においこむ、最低なヤミ金です。ラバ 体験 勧誘はあるか

 

この記事に関連する記事一覧

外貨を購入